Dockerを使う場合

Prerequisites

  • Docker

セットアップ

alias docker-jupyter='docker run -p 8888:8888 -v "$PWD":/home/jovyan/work/ jupyter/datascience-notebook'

コマンドをそのまま実行してもいいですが、aliasをシェルの設定ファイル ~/.bash_profile~/.zprofile に追加することによって簡単にdockerを使ったJupyter Notebookを立ち上げることができます。

Docker Imageがない場合は勝手にイメージがダウンロードされます。

-v "$PWD":/home/jovyan/

このオプションの指定によって、コマンドを実行したカレントディレクトリとJupyter Notebookの作業ディレクトリが紐づけらます。

起動

適宜source ~/.bash_profilesource ~/.zprofileなどでaliasの設定を反映させた上で、

docker-jupyter

シェル上にjupyterに接続できるローkルホスト上のサーバのアドレスが表示されます。ここに接続することでJupyterを利用できます。

ただしこのDockerを使った環境だと日本語を含むPDFを正しくエクスポートできません。

ローカルにインストールする場合

Prerequisites

  • pyenv
  • R (Rを使えるようにする場合)

セットアップ

ここではanacondaというデータ分析向けのパッケージでjupyterをインストールします。はじめにpyenvで

pyenv install --list | grep anaconda

を実行してインストール可能なanacondaのバージョンを探します。適当なバージョンを決めたら、

pyenv install anaconda3-5.3.1 # Jupyterなどのパッケージが入っているPythonの環境をインストール
pyenv global anaconda3-5.3.1 # anacondaに環境を切り替える

起動

jupyter notebook

JupyterでRを使えるようにする

ローカル環境でRを使えるには、こちらのカーネルを追加します。

Rのインタプリタを起動した上で次のコマンドを実行します。

install.packages('IRkernel')
IRkernel::installspec()

Jupyterを起動し直すとRが使えるようになります。