はじめに

LaTeXを使い始めるのに必要なのは、

  • TeXのソースファイル
  • それを処理する任意のTeX処理系

のふたつだけです。TeXの統合環境までインストールする必要はなく、自分の好きなエディタで編集できます。以下は、Arch LinuxでミニマルなLaTeXの環境を構築してみた際の記録です。

なお、pacmanを使わずにTex Liveインストーラを使いました。Linuxの場合pacmanなどのパッケージマネージャーで管理することもできるのですが、(Macと同じように)tlmgrでTeXのパッケージを管理したかったのでTeX Liveインストーラを選びました。

TeX関連のパッケージをpacmanの管理下からはずす

Linuxで使っているpacmanyumapt-getなどのパッケージマネージャーとTeX Liveが干渉してしまうため、TeX関連のパッケージについてはOSのパッケージマネージャーに管理されないようにする必要があります。TeX Wikiによると、

Linux で TeX Live 公式パッケージをインストールした場合は TeX Live に依存するパッケージによって各種 Linux ディストリビューションが提供している TeX Live がインストールされないように TeX Live の dummy パッケージをインストールします。

dummyパッケージというもの導入することによってTeX関連のパッケージがpacmanに管理されないようにするという方法が紹介されています。ですが、dummyパッケージについてはあまりきれいな解決方法ではないため、議論が起き現在はAURから削除されているようです。そこで、pacman --assume-installedを使ってを解決してみました。

texlive-dummyのソースコードを見てみると、

conflicts=('texlive-bin' $(pacman -Sgq texlive-most texlive-lang))
provides=('texlive-bin' $(pacman -Sgq texlive-most texlive-lang))

この部分で調整しているようなので、texlive関連のパッケージが常にpacmanに無視されるように以下を~/.bashrcに追加しました。

alias pacman="pacman --assume-installed texlive-bin $(\pacman -Sgq texlive-most texlive-lang)"

読み込むために一度ターミナルで$ source ~/.bashrcを実行します。 この操作によってpacmanとコンフリクトしないようになりました。

インストール

参考:Linux - TeX Wiki

インストーラをダウンロードして実行。

$ curl -OL http://mirror.ctan.org/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz
$ tar xvf install-tl-unx.tar.gz
$ cd install-tl-20*
$ sudo ./install-tl --repository http://ftp.jaist.ac.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet/

インストーラにしたがって、オプションを選択します。今回は普段使っているMacのBasicTeXに準じているsmall schemeを選びました。他のオプションはそのままでインストール。

インストーラの動作が終了したらしたら、パスを通して、日本語環境とghostscriptをインストールします。

$ sudo /usr/local/texlive/????/bin/*/tlmgr path add
$ sudo tlmgr update --self -all
$ sudo tlmgr install collection-langjapanese
$ sudo pacman -S ghostscript

以上でインストールは完了です!